スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

寄生塾

今更ながら、青鯖のギルド 「寄生塾」のギルマスをしています、501XXです。


サブに BIS の  「江田島塾長」
     テイマの  「501C」
     WIZ の  「PORSCHE」

080317現在、このキャラ達で遊んでいます。


随分前に一度書きかけて、違和感があって消した話で、
今回も書いてると???て感じですがまぁ・・・

以降、501が思うギルド 「寄生塾」の説明です。
こういうのって難しいですね。最後まで書いて、何がなんだかわからなくなってしまいました^^;

なので、寄生塾がこの通りであるわけでもありませんので、
ご了承よろしくお願いします。

「寄生塾」の発足は2006年9月9日です。

ギルド 「ブッ殺助ギルド関西」のメンバーのサブキャラで作りました。


当時の状況から。

「ブッ殺助ギルド関西」は少数でした。
かっこよく言うと少数精鋭。(501除く^^;)
1PT+2~3名程度


501が入った時、廻りのメンバーは高レベでした。
かなり平均レベルは高かったと思います。
GVではそれなりの強さでした。

さらに強く!

ってのを目標に皆で頑張ってました(多分


少数なので1人崩れると、総崩れ・・・
なので全員がGVで倒されないようにしてました。
GV期間なるものを設け、
全員がその間はステ等をGV向きに変更したりしてました。
それが出来たのはギルメンが全員知人であったのが大きいと思います。
同じ方向性を持って進むのに都合が良かったと思います。


GV期間が終わると、レベ上げ等をする期間に。
徐々に強くなっていってるのが見えて、
嬉しかったり^^

その当時は テイマが脅威。剣士も怖くて、アチャさんがその次くらいだったかな。
とにかく赤ファミに追われるときつい感じでした。
(なので?寄生塾の当初のサブキャラはテイマだらけ^^
ブッ殺助ギルド関西にはテイマさんはいませんでした)
レベルの低い501が出来たことは、
微妙な壁剣士。
当時はほぼ物理攻撃のみのGVでしたのでレベ200くらいでも、
健康600とかにして、ブロック率を高めたりして、やれることはありました。
ファミのタゲ鳥です。
(現在健康600とか聞くと少なく感じますが、剣士で600ってのはすごかったんじゃないかな?)
前線からファミを遠ざける役目を少し・・・少しです^^;


とそれが出来たのは
こちら参照
当時の低レベ時では神がかった装備をギルメンにお借りしてました。
PTに入らず(というか剣士なんぞ入りにくい状況)、ソロでチマチマレベル上げ・・・
必死でお金を稼ぎ、徐々にお借りしていた装備を返し、
ようやくすべて自前の装備に出来た時はうれしかったのを覚えています。


この装備が無ければ、かなりきつかったと思います。
現在の501があるのは、ギルメンのおかげです。
ブッ殺助ギルド関西で501は育てられました。



「ぶっころ」で一番覚えているGVは、
某少数精鋭で当時最強だったギルドさんとのGV。
気合入ってましたね^^
あのGVはこの先も一番燃え尽きたGVであると思います。
敗北><
SSを見ると、501はHP5100、防御4200とかですね。今より遥かに硬い^^;
お相手はどの職も凄い人ばかりでした。
特に501は某BISさんが凄いと思ってました。
1BISで無失点でよくやれるなぁと^^
現在復帰されて、寄生塾に遊びにきてくれてます。
ほんと嬉しかったです^^
忙しそうですが、のんびりいきましょう^^




このあとお相手さんが休止に入り、
そしてGVの流れが少し変わったかな。

高レベ少数精鋭の時代が終わった感じがしました。





少し期間をあけて、
GV期間に入ったのですが、
少数の限界を感じました。

廻りのギルドさんのレベや装備が格段に上がって来て、
当方より人数が多い・・・
そうなると多人数の方が有利なのは間違いありません。
そのため、勝つには勝った、って感じのGVが増えていきます。
何が問題だったというと、火力不足。
アキラさんの1TOPでは厳しくなってきた感じです(っていっても鬼神でしたけど^^
501はというと・・・セツナイのでやめとこ^^;


GV期間、結びの一番
501が当時最強だと思っていたギルドさんとの対戦。
高レベ高火力ギルドさんとの対戦でした。
お相手は2PTほどだったと思います。
少数の限界、火力1TOPの限界をはっきり感じたGVでした。
敗北><


GV期間が終わり、次のGV期間までの間、
各人の目標設定・・・
今までは、レベル上げとか個人で何かわかりやすいものがあったのですが、
現状を打開するには・・・

普通に考えて、勝つには増員しかない。
個人ではどうにも出来ない段階に来てました。
「ぶっころ」は特にギルドメンバーを募集していませんでした。

話合いの結果、今後もその方針で行くことに。
っていっても、縁があって加入してくれた人もいまして、
別に閉鎖的なギルドでもなかったかな・・・
メンバーも少し増えました。

このまま行ける所まで行こう^^






さてこんな感じで、再び「ぶっころ」のGV期間に入ります。
ここで痛恨の一撃をもらう事に・・・

新職実装。

足止め。異常攻撃など・・・
テイマの蜘蛛やらも・・・


何も出来ずに負けてしまう、そんなGVが・・・
物理だけのギルドでしたし、
メンバー募集もしていませんから、
どうしようも無い、そんな一撃でした。

現在のように、ある程度動けるような足止めではなかったのでなすすべ無し。
抵抗も現在のように解析されてませんでしたので、
やられたら最後、そんな感じでした。

つまらない

っとまぁ501は思いました。
ガチガチの防御があっさり・・
今までの装備集めなど、まったく意味の無い仕様でした。
501程度のレベルで思うのですから、
ギルメンの思いはもっと・・・



アキラさんが
「このままとりあえず当分GVいれてみるわ」
寂しかったです・・・
ギルマス、アキラさんはこの時期ほんと大変だったと思います。


かなり苦しい期間。
補助職が一番きつかったと思います。
徹底してGV用にステを変えたりしてくれてましたが、
ほとんど意味が無かった・・・・

なんとかもう一度納得のいくところまで・・・

そのうち対策が徐々に明らかになっていき、
最終的にテイマさんが加入して、ようやくなんとか戦えるようになりました。
結局、足止めを当方も使わないとGVで戦っていけませんでした。
なんだか悔しかったです。

オーラス
ミラクルな勝利。
よくぞここまで・・・

「ブッ殺助ギルド関西」はここで休止になりました。
実際にはまた活動する予定だったのですが、
メンバーの仕事などの都合により、
今までのようにGV時間を合わせるのが難しくなってきたのもあって、
とりあえず休憩。


なんとなくですが、この期間のGVの苦しい展開は最初から読めていました。
事前の情報で、色々実装されたことはわかっていましたから。
実際対面してみると、とんでもなく・・・
この仕様変更で限界を感じ、引退していった人も多かったと思います。
何が出来る訳でもなく、ただ倒される。
無力なのが当り前でした。

勝ちたい!
とやってきた?ブッ殺助ギルド関西で、
この先、負けてもいいじゃない、
なんて、全員が気持ちを切り替えれるのは難しかったですね。
欲が出るとそれを抑えることは無理な話です。


それと低レベル補正。
当時は秘密ダンジョン等も無く、ぶっころギルメンはもう高レベ。
適正狩場もない状況。
レベルを上げるのに疲れていたと思います。
501はまだまだでしたけど^^;
ただでさえレベル上げが辛いのに、
レベルを上げると逆に低レベルを倒しにくく、
弱くなっていくような仕様変更。
いいように考えると、低レベルでもGVで活躍できる仕様変更でしたが、
高レベ少数ギルドには厳しい変更でしたね。
正直、レベルを上げても無駄 って感じでした。
メンバーのほとんどがステをGV用に振り替えていましたから、
再フリをしてまで・・・


というのもあって、
メンバーのほとんどがサブキャラでしかINしなくなりました。
「寄生塾」を作ったのはそんな状況でした。


501がその場で思いついた名前をギルド名に。
サブのレベを上げるのに、
寄生しあって?レベ上げ。
そんな感じで楽しんでたギルドだったので、思いついたのがその名前^^;


だいたい100くらいまで、お手伝いでサクっと上げ、
あとは皆ソロで上げて行ってました。
異常に速いペースでサブキャラ達が育っていってましたね^^


その際、
「ぶっころ」の流れをとりつつ、
寄生塾は「ぶっころ」では無かった?方針を501が勝手に作りました。

1 ギルマスは単に501が引き受けただけの話で、
    ギルド運営ははっきりいって何もしない。
2 GVは自由参加。
3 ギルド脱退自由。加入はメンバーの知り合いなら誰でも可。

1に関しては、ギルド作成時のメンバーしか知らないかな?
2・3に関しては、必ず伝えています。
  
何がしたかったかというと、何も考えなくていいギルドにしたかったわけです。
それをはっきり明言したかった、ただそれだけです。
入ったからといって、どうこうとか考えるのはまったく不要。

ぁ、女性は副マス確定とかもあったかな^^;
現在はちょっと変則的な副マスですね。
当然副マスも何か責任があるわけでもなんでもありません。

て言っても何かと考えちゃうのですが、それは個人的なものです。
「寄生塾」の方針は考えない事です。

無理はしない。
欲を出さない。(って一番501は欲があふれていますが^^;

自然。

これは現在進行形。
「寄生塾」に何かを期待しても、何もありません。
「寄生塾」に何かを感じるなら、
それは個人の主観の問題であって、
実際何かをしているわけではありません。
言ってる事とやってる事は違うにしても思い込みです。

昔、お笑い芸人の有名な方がTVでおっしゃっていました。
その方は友達に
「おまえはほんと楽しいことをいっぱいしてて羨ましい。俺なんか同じ事したけど、そんなことは一切なかった」
と言われたそうです。

で、その方は言ってました。
「そりゃお前が楽しもうとしないから、楽しい事があるはずがない」

501にはとても衝撃的な話しでした。


寄生塾は、そんなに多くのメンバーがいるわけでもありません。
ギルチャもそんなにあるわけでもないかな?
あまり他所を知らないのでわかりません^^;

ギルハンもほんとたまにする程度。

ギルメンは皆いい人です。
501は楽しませてもらってます。

そんなギルドです。
ってなんかよくわからない説明だなぁ^^;
書くとこうなるんで、前も消したんですよね^^;



最後に、


「寄生塾」のGVは、
「ブッ殺助ギルド関西」の最後のGV期間からスタートしました。
まぁ、正反対の負けて当然なGVをやり始めたわけです。
低レベ補正を考えると、そこそこやれるのでは?
なんて甘い考えもありましたが、やっぱり勝てません^^;
勝つ気で毎回挑んでいましたけど・・・巻物たっぷり持って・・って矛盾かな?^^;
PT編成、装備、レベル・・
何をどう考えても勝てるわけがありません。
勝てないのですが、なんだか楽しかったです^^


「寄生塾」も最近はちょくちょくとGVで勝てるようになりました。
ですが、ただの結果です。
出来れば勝ちたいと501は思います。
ですが負けてもいいじゃない、とも思います。

頑張って装備を良くしたいと思う人は、やっぱり努力が必要です。
頑張れば、いつか必ず成果は出ます。
501もようやく成果が出てきた、そんな感じです。(Pスキルはいつまでたっても^^;
そしてそのギルメンの成果も今少しずつ出てきたと^^

今後も、今できることで、装備もちょっと変えてちょっと強くなったとか、
無理をせず地道に。



言いたいことは、
自分の力で色々な楽しみ方を見つけるのが重要だと思います。
時にはギルメンの助けが必要な時もあるでしょう。
個人には限界というものがありますから。
けれど、それに甘えるギルドではありません。
元は「ブッ殺助ギルド関西」の流れを受け継いだギルドです。
ですが、無理はしません。

共に、自然に。


寄生塾の原点
GV後に必ず出る、止まったカウントがずっと変わらずに出続けます。

080316-20.jpg

なんだか楽しかった。

スポンサーサイト

2008年03月17日 トラックバック(-) コメント(9)

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年03月19日 編集

こんばんは^^
ちょっと長すぎました^^;
おまけに意味不明^^;

まぁ懲りずに今後共よろしくお願いします^^

2008年03月19日 501 URL 編集

心和むいい作文です。たいへんよくできました!

2008年03月19日 市長 URL 編集

わしが居ない。ww
本物でした。^^
しかし長い作文やね。

2008年03月19日 ARATTA URL 編集

 目頭が熱くなる長文お疲れ様でした。
ギルドメンバーが楽しくIN出来るように、いち塾生として、これからも私自身が楽しんで行きたいと思います。
皆様、宜しくお願いします。

2008年03月20日 ウエッチ URL 編集

いやー泣けました。
監督!GJ!

2008年03月20日 豆腐 URL 編集

豆腐君が異常にレベ上げすぎなのと、
ウエッチが1日10時間以上篭ってるので
ちょっと無理するなよーって意味をこめて(違

作文不得意です^^;
多くを省いたつもりなんですが、長いですね。
とりあえず、ARATTAさんはきっちり省略させて頂きました、悪しからず( ´ー`)y-~~

さて今更なぜにこんな話を?って感じなのですが、
少し思うところもあって書いた次第です。

最近のRSで501がやっていることは
「秘密ダンジョン」
ほぼこれのみ。
単純にレベルがはやく上がります。
今まで苦労して上げていたレベルがあっさり上がります。
それはそれでいい仕様だと思います。
なければレベル上げ等おそらく挫折していたと思います。

その結果、それに慣れすぎて、現在普通に狩る事が苦痛。
以前のような狩りはできないようになりました^^;

救い?は501は必死でお金を稼いでいた時期があって、
レベルを上げるだけの日々でも
なんとか装備もそれなりに揃えることができました。

それでも苦労して装備を集めた人に比べるとショボイ^^;

これ以上の装備をするには、
また以前のように必死に狩りをして、
お金を貯めなくてはなりません。
これは正直今の501には厳しい^^;

欲が出れば出るほど
ダレきった自分ではどうしようも無い現実に直面します。
かといって欲はなかなか消えません。

501は少し背伸びしていました。
ちょっと軌道修正。
自分で出来る、楽しめる範囲でコツコツと。

でまぁ昔の自分を思い出してまいたら、
ナガナガクドクド^^;

2008年03月21日 501 URL 編集

いい話。。。
なごみます!!!!!

やっぱ思ったとーり。。。

501さん絶対素晴らしい人;w;

・・・もう少しPS磨いてLV高くなったらリトル遊びに行きたいナとか考えていまつ・・・(*ノωノ)

・・・ダメカナ><。

2008年03月24日 みぃコ URL 編集

みぃコさん、こんにちは^^
実は、偽善者で通ってまして^^;
オレオレ詐欺とかもやってます(マテ


リトルさん、気が向いたら寄生塾に^^
PSは・・・501を見れば安心。ボケーっとしてますから^^
レベルもまったく気にせずでおk^^

2008年03月25日 501 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。